性病と聞いて男性なら思い浮かべてしまうのが風俗店での感染でしょう。奥様がいてもハメは外したいもの・・・しかし性病の感染がバレてハメどころか人生まで踏み外してしまわないようにご注意ください。

性病と不妊、それを引き起こす性病の種類

性病とは性感染症のことをいい、性行為や血液によって感染する病気のことをいいます。性病の種類にはさまざまなものがあり症状もさまざまです。中には不妊を引き起こしてしまうものもあるため、放置せずに早期発見早期治療して行くことが重要となります。
全ての性感染症は不妊となってしまいます。現在もっとも性感染症のなかで多いとされているのがクラミジアです。クラミジア・トラコマチスが尿路や性器に感染することによって起こる性病で性行為によって感染し、キスやオーラルセックスなどの行為でも粘膜に感染してしまい、男性は咽頭や尿道、女性は膣内に感染しててしまいます。これに感染してしまうと、自覚症状が無く静かに進行して行き、女性では子宮や膣周辺に一生残るダメージを与えて不妊になってしまったり、男性では精巣に障害が残って男性不妊となってしまう場合も多くあります。
また、性病の種類のなかでも大変な病であるHIVなどの性病にかかりやすくなってしまいます。子どもにも感染してしまう危険性もあり、肺炎や結膜炎などの原因となってしまう可能性も考えられるのです。
性病の種類もさまざまありますが、基本的に自然治癒することはなく、女性などはおりものの量が増えたり微熱や下腹部に痛みを感じるなどの初期症状が現れます。性病を放置してしまうと不妊の症状だけではなく、卵管癒着、子宮内膜炎などの骨盤内の臓器に炎症や腫れなどが起き、炎症によって変調が出るなどの症状が出たり、男性では排尿するときに痛みを感じる、水泡などが出るなどの症状が現れてしまうため、これらの病気を防ぐためにはコンドームを使用することが一番の予防策となります。
しかし、コンドームも100%防げるわけではないので、おかしいと思ったらすぐに病院に行くことをおすすめします。