風俗で貰うことの多い性病

性病と聞いて男性なら思い浮かべてしまうのが風俗店での感染でしょう。奥様がいてもハメは外したいもの・・・しかし性病の感染がバレてハメどころか人生まで踏み外してしまわないようにご注意ください。

風俗での性病感染率

風俗産業は、以前と変わらず隆盛を保っていますが、社会的に大きな問題として同地域での性病感染率という物があります。公的機関によって調べられたわけではありませんが、高い有病率があることは間違いなく、非常に危険と言えます。
まず、性病がかかるメカニズムとしては、予防行為を行わない状態で性行為を行うという事があります。感染経路には母子感染や水中感染などもありますが、これらのケースは稀で基本的にコンドームを使わない性行為が原因になります。また、仮に使っていたとしても適切な使用方法でなければならないため、使っていてもかかることは珍しくありません。ましてや風俗嬢は不特定多数の相手と性行為に及んでいる事から、感染している可能性は非常に高いといえるでしょう。
一応、全体の性病の感染者は5%とされていますが、この感染率は全ての性病に関する数値です。そのため、症状が軽度なものから重度なものまで含まれている事を考えればリスクは高いと言えます。しかも、検査を行っている所に比べると当然、行っていないところのほうがより危険度は高いのですが、行っていないところの数値が含まれないため実際の値とは少し離れた数値であると言えます。また、仮に検査しても潜伏期間である可能性があるので、本当は感染している場合も珍しくはありません。
仮に罹ってしまった性病がクラミジアや淋菌、梅毒であれば症状を早めに治療する事で問題なく生活できますが、重度なものであるHIVや肝炎の場合は一生を棒に振る事になる場合もあります。そのため、出来るだけこういった施設は使わないようにして、仮に使う場合でも性病予防のためのコンドーム利用などは必ず行うように徹底するようにしましょう。